◇学校歳時記 12月


○「介護の日」とっておきの作品コンテスト表彰式(宇宙さん)

12月1日(日)

介護の日「とっておきの作品コンテスト」に、身近なわたしの大切な人達というテーマで俳句を応募していたところ、中3の宇宙さんが見事に最優秀賞!おめでとう!   

○研究授業(中学2年生 数学)

12月2日(月) 4校時
※日付の間違いを訂正しました。

中学2年生で数学の研究授業を行いました。数学担当の田中先生と、倖花さんとの1対1の授業です。学習内容は図形の性質を使って角度を求めることでした。
小中学校の全員で参観しました。
放課後、参加した教員で授業研究会を行いました。

○俳句教室(中学校国語科)

12月5日(木) 5・6校時

市内在住の俳人山本奈良夫様を迎えて、俳句教室を開催しました。5校時目の3年生は、それぞれ準備してきた句を並べて句会を行いました。自分が考える優れた句を選び、その理由を述べる…句を解釈する面白さを感じてくれたかな? 6校時目の1・2年生には、俳句をつくるときの基本となるお話を中心にしていただきました。全体に共通していたのは、「五感で感じること」、「感じようとする気持」が大切であることでした。

今回の俳句教室も、「本物にふれる。本物から学ぶ。」学習の一環でした。  

○交流学習(小学生)

12月6日(金) 崎山小学校へ


1回目は5月24日(金)。この日、2回目の崎山小学校との交流学習に出かけました。
半年ぶりの交流でしたが、互いに顔見知りもいて、すぐに授業や活動に入ることができました。
昼休みは、ゲームで運動場を走り回ったり、全校での英語活動に参加したりしました。

学び多い一日になりました。崎山小学校の児童の皆さん、先生方、ありがとうございました。
  

○八朔ロードレース大会(小学生)・体育協会長杯卓球大会(中学生)

12月8日(日)


【小学生】
毎年恒例の「八朔ロードレース大会」が五島市岐宿町で開催されました。小学生はこの大会に向けて、朝の活動やチャレンジタイムで持久走の練習に取り組んできました。腕を骨折している南那美さん以外の5名が挑戦しました。
上位入賞はできませんでしたが、自己新記録更新がいっぱい!今の自分に挑戦して、乗り越えた姿が見られました。お疲れ様。


【中学生】
中学生は、「五島市体育協会長杯卓球大会」に2チームが出場…
1・2年チーム(優樹さん・倖花さん・紗菜さん)は、予選から3・4位トーナメントに進み3位。3年チーム(あすかさん・海渡さん・碧希さん)は、予選から1・2位へ進み、3位となりました。
   

○全校朝会

○12月9日(月) 


◆橋本碧希さん(中2)・橋本壱咲さん(小5)の兄弟が、約1か月間の体験入学にニュージーランドから来ました。碧希さんは昨年度のしま留学生で、久しぶりの久賀です。初めて会う子ども達も多いので全校で紹介しました。

◆表彰伝達
@県教育会から優良な活動をしている団体として、本校の児童生徒会が表彰を受けました。(代表は、あすか会長)
A五島市児童生徒読書感想文コンクール。優樹さん・祐佳さん。
B前日の協会長杯。海渡さん・あすかさん・碧希さん。
C介護の日とっておきの作品コンテスト、最優秀賞(俳句)。宇宙さん。  
 

○人権集会

12月10日(火) 5校時

世界人権デーに合わせて、校内の人権集会を行いました。12月4日(水)〜10日(火)を人権週間として設定し、事前の学習や活動を行いました。各学級での人権学習、人権標語づくり、人権メッセージ、人権関係資料の展示など…

小学生は、「泣いた赤おに」を通して、周囲の人を大切にしようとする心を持とう。
中1・2は、劇・詩を通して、互いの人権を尊重できる心を持とう。
中3は、子どもの人権・インターネットでの人権侵害・など、テーマ別に調べたことを元に、自分の意見を持とう。

人権集会では、教頭先生からのお話、各学年の学習内容と意見の発表、人権宣言、人権の歌として練習してきた「ビリーブ」を全員で歌いました。


○読み聞かせ(奏吾さん)

12月11日(水) 朝の活動


今回の読み聞かせ担当は、小6の奏吾さんでした。読んでくれた絵本は、「キャベツくん」。ブタヤマさんがキャベツくんを食べると、鼻がキャベツになったブタヤマさんが空に浮かんでいます。ゴリラが食べると、体がキャベツになったゴリラが浮かんでいます、 ライオンが食べると…、 ゾウが食べたら…想像は次から次に広がります。さて、何に食べさせてみようか? 

○遠隔交流(北海道厚真町立厚真中央小学校と結んで)

12月11日(水) 5校時


昨年に続いて2回目の北海道厚真町立厚真中央小学校との交流を行いました。子ども達は、お互いの学校の紹介を行いました。こちらからは、久賀や自分の出身地の紹介を行いました。
生活環境や文化が異なる地域の子ども達が、リアルタイムでつながることで、新しい発見がたくさん生まれたことでしょう。   

12月6日(金)からの行事や取り組みをまとめてアップしました。私自身は病院のベッドから、「今頃、学校では…」と想像しながら、はがゆい時間を過ごしていました。皆さん!健康第一です。ご自愛ください。 

○お誕生日会

12月23日(月) 5校時

2学期生まれ(9〜12月)の人のお誕生日会を開きました。奏吾さん・南帆さん・南那美さん・末留先生・私の5名が招待されました。
福笑い・宝探し・フルーツバスケットなどのゲームが担当の子ども達により運営されました。
プレゼントは、手形でつくったクリスマスツリーでした。

玉置浩二さんが歌う、「しあわせのランプ」…子ども達の笑顔を見ているとき、この歌が浮かびました。
「しあわせになるために生まれてきたんだから…」と歌い始めます。  

○終業式

12月24日(火)

表彰伝達に引き続き、第2学期の終業式を行いました。

小学校代表の南帆さんと、中学校代表の倖花さんが登壇して、2学期の反省と3学期の抱負を語ってくれました。

終業式のあとは、小中学校別に冬休みの生活について確認して教室に戻りました。そして最後の学活でした。

しま留学生の多くが、明日、帰省します。1月8日(水)が3学期始業式です。